システムエンジニア

配属後

小学生時代と大学時代の友人に会ってきました
SEの道を選んだ僕だけが苦労しているのかと
思っていましたが、実際はどの業界でも苦労しているようです


たまに言われるのが
「SEっていつもどんな仕事してるの?」
実に良い質問ですね!
ソフトウェア開発に特化したSEもいれば
僕みたいに基盤構築に特化したSEもいます
SEって本当に幅が広いですから
他人が仕事内容について興味を持つのは当たり前でしょう
人事の方はSEを採用するためにどこを重要視しているか?
みなさんも考えたことがあるはずです
大抵はコミュニケーション能力でしょう
しかし、僕の視点から考えると重要視するべきものは、もう一つあります
それがプログラミング能力です
SEに共通していることといえば
ソフトウェア開発にせよ、基盤構築にせよ
プログラムを自分一人で組む機会が必ず訪れる!という事です
理系の方であれば、もちろん有利ですよね
僕も理系ですので、プログラミングを学ぶのはそれほど苦労しませんでした
しかし文系の方は全く新しい言語を一から学ぶのに大変な努力と苦労を伴うはずです
さらには、忍耐力も必要となるでしょう
僕の同期でも、挫折しかけた方が実際何人もいます
しかし、僕ら新人の団結力はそれをも凌駕するのであった・・w
てか今日僕は一体なんの話をしてるのでしょうかw
眠すぎて頭の中のバッテリーが切れかけています。。
要はSEについて深く考えてみよう!っていう内容でした(*´∀`*)
話まとめきれていませんが、もう眠いので終了でーすw
ではでは~^^ノシ

コメント