Excelでメモリまたはディスクの空き容量不足

パソコン

最近、仕事で、よくこんなエラーが発生します。

メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません。

・不要なブックやプログラムを終了して、メモリの空き容量を増やしてください。

・ディスクに保存されている不要なファイルを削除して、ディスクの空き容量を増やしてください。

という内容。

ここ最近、頻繁にあちこちのパソコンで発生するようになりました。

エラーメッセージの内容の通り、メモリが不足しているのか?

ディスクの容量が不足しているのか?

いろいろ、試してみました。

ディスククリーンアップとか、Excelで余計なアドインが動いてないか、

ブラウザを開きすぎて、メモリ使いすぎてないか、

確認できるところは、全てチェックしましたが、改善できずお手上げ状態。

ネットで、同じキーワードで調べてみたら、

レジストリを変更・・・などという情報もありましたが、

怖くてそんなことできません。

SNSで情報を求めていたら、どうやら、直近のWindowsUpdateで、

Excelの保護ビューに何か不具合が生じているのではないか?という声が多かったです。

たしかに、保護ビューが出るExcelファイルを開こうとしたときだけ、

このようなエラーが発生して、ファイルが開けません。

まさかと思い、保護ビューの設定を解除してみたら・・・

開けた!!

原因は保護ビュー?

とりあえず、保護ビューを解除したら、開けましたので、

手順を説明します。

Excelのバージョンにより、設定する箇所が微妙に違いますので、ご注意を。

Excelの [ ファイル ] → [ オプション ] をクリック

[ セキュリティセンター ] をクリック

Excelのバージョンが2019であれば、

[セキュリティセンター] ではなく、[トラストセンター] になっています。

[保護ビュー] の [インターネットから取得したファイルに対して、保護ビューを有効にする] のチェックを外してください。

このチェックを外せば、

メモリ不足エラーが発生しないと思います。

あとは、ファイルがちゃんと開けるか再度確認するようにして下さい。

もし、これでダメなら、保護ビューのチェック3項目を全て外して試してみてください。

おそらくこの内容は、原因が本当に不具合だった場合、

WindowsUpdateで改善されると思いますので、それまでの応急措置と捉えて下さい。

保護ビューの設定を解除する、という事は、

セキュリティが一つ弱くなる、という事です。

この状態をいつまでも維持しておく事は推奨できません。

あくまでも応急措置という事を認識するようにしてください。

コメント