Excelの突然の英語表記を修復させる

パソコン

ある日、Excelを立ち上げたら、なぜか日本語表記が英語表記になってしまった。

Oh~、Ah~、YesYes、a-nd、No?

って読めんわー!!

きっと、WindowsUpdateのせいや!きっとそうや!

(↑何かトラブル起きると、全部アップデートの不具合のせいにしてしまう人)

一応、Excelのオプションから言語設定で、日本語にすれば治る

と、思ったけど、既に日本語になってるし~

では、ここで英語表記を修復する3つの方法を記載します。

この3つの方法で解決しなかったら、匙を投げましょう。

Excelのオプションから言語設定を確認

まずは、ココです。

万が一ってこともありますので、最初にチェックしましょう

1.Excel起動

2.[File] クリック

2.[Options] クリック

3.[Languages] クリック

4.[Choose Display Language]
   左枠を、[Japanese]を選択し、[Set as Default]をクリック
   右枠を、[Japanese]を選択し、[Set as Default]をクリック

5.[OK]をクリックし、Excelを再起動する

まずは、このパターンで治るかご確認を。

私の場合は、このパターンではありませんでしたが・・。

MicrosoftStoreからOfficeをダウンロード

MicrosoftStoreのダウンロードと更新画面から、Officeを更新すると、

英語表記が治る場合があります。

過去にこの方法で治った方が何人かいましたので、

この方法もご確認を。

1.スタートメニュー

2.[Microsoft Store]をクリック

3.画面右上の[・・・]をクリックし、[ダウンロードと更新]をクリック

4.画面右上の [最新情報を取得する] をクリック

5.[Excel]のダウンロードが存在すれば、そのまま更新させる

更新が完了すれば、再度Excelを起動して、日本語に戻っているか、ご確認を。

Excelがなければ、この方法もハズレですので、次の方法へお進みください。

Microsoft Officeの修復

結局のところ、この方法が一番治る可能性が高いです。

Excelの不具合のときは、私はいつもこの方法に頼ります。

そして、いつもこの方法で修復されています。

この方法を試すには、インストールされているオフィスが、

デスクトップアプリ版 か ストアアプリ版 かを確認する必要があります。

デスクトップアプリ版 か ストアアプリ版 で、修復方法が異なるためです。

1.スタートメニュー

2.[設定] クリック

3.[アプリ] クリック

4.[Microsoft Office ・・・ja-jp] であれば、デスクトップアプリ版
  [Microsoft Office Desktop Apps] であれば、ストアアプリ版

【デスクトップアプリ版の場合】
5.[Microsoft Office・・・ja-jp]をクリック

6.[変更]

7.[クイック修復] を選択し、[修復] をクリック

【ストアアプリ版の場合】
5.[Microsoft Office Desktop Apps] をクリック

6.[詳細オプション] をクリック

7.[修復] をクリック

8.[修復] ボタンの横に、[✓]マークがついていることを確認

最後に・・

それぞれの内容で、修復作業が完了したら、

Excelを再度立ち上げて、日本語に戻っているかを確認してください。

この方法であれば、他どんな症状でも大体、解決します。

デスクトップアプリ版の、クイック修復で、解消されなかった場合は、

オンライン修復も試してみてください。

ただ、オンライン修復をする場合は、数時間かかる場合がありますので、

時間のあるときに、お試しください。

コメント