WordPressの記事が消えたので復元してみた!

WordPress

それは昨日の話である・・

新しいプラグインを、導入して設定画面をポチポチ・・

ん~、これどうやって使うんだろうか~

あ~、なんとなくわかるよ。うん。ぽちぽち

ここは関係ないから、チェック外して・・

設定ボタンを押せばいいのかな・・?カチッ

ん?あれ?(。´・ω・)?

投稿記事が、減ってるねぇ・・

あれ?どうなってんの??

いや、まてまて

まだ慌てる時間ではない。(+_+)

状況の把握が大事だ。うん。

まず、記事はない。ゴミ箱に実はあったり・・・しない。。

完全に消えとるがなっ!!

え?そんな簡単な操作で消えてしまうんかいっ!!

どんなお粗末なプラグインやねん!!

普通、ファイナルアンサー?とか、

最後の扉を開きますか?とか、

くどいぐらいに聞いてくるやろっ!!

いきなり、消えるってどんだけ~^^;

WordPressのバックアップとか特にとってないし・・

さて、困った。

そこで、閃いた私!

レンタルサーバの機能に、自動バックアップってあったから、

そこから、リストアで復元できるんじゃね?

ちなみに、私が使っているレンタルサーバは、

GMOが運営しているConoHaです

結論いうと、復元できました!(やり方四苦八苦してかなり時間かかりましたけど)

今回は、ConoHaで、消えたWordPressの記事を復元させる方法をご紹介します。

ConoHaコントロールパネル
↓
サーバー管理
↓
自動バックアップ

WordPressの投稿記事データは、DBの中に入っています。

最初、私は、Webだと思っていたのですが、調べたら、DBでした。

なので、DBの項目で、復元したい日付の [ リストア可 ] を選択します。

[ リストア可 ] を選ぶと、どのDBを復元するか、選択肢が出てきます。

通常は、データベース1つしかないと思いますので、迷うことはありませんが、

複数データベースが選択肢にある場合は、

自分のドメイン名のDBユーザーが、どのデータベースに接続されているかを確認してから

行ってください。

【確認方法】

ConoHaコントロールパネル
↓
サイト管理
↓
データベース
↓
自分のDBユーザー名をクリック
↓
接続先データベース名

問題なければ、リストアを開始してください

私の場合は、容量が少ないので、約5分ほどかかりました。

リストアが完了すると、リストア履歴画面に、履歴が残ります。

さて、次のステップです。

次は、自分のDBユーザーと紐づいている接続先データベースを、

リストアで復元したDBに変更します。

ConoHaコントロールパネル
↓
サイト管理
↓
データベース
↓
自分のDBユーザー名をクリック
↓
接続先データベース名

ここまできたら、復元まであと少し!

次は、[ wp-config.php ]ファイルの中身を、編集します。

書き換える内容は、接続先データベース情報を、

リストアしたデータベース名に書き直すだけです。

ConoHaコントロールパネル
↓
サイト管理
↓
ファイルマネージャー
↓
Public_html
↓
自分のドメイン名
↓
wp-config.php

[ wp-config.php ] を右クリックして、[ ファイル編集 ] → [ ACE Editor ] を選んでください

‘DB_NAME”の行に記載のあるデータベース名を、

リストアしたデータベース名に書き換えてください。

リストアしたデータベース名は、デフォルトだと、

[ 自分のデータベース名_日付_1 ] という名前になっていると思いますので、

その名前に書き換えてください。

なお、DB名を囲うシングルクォーテーションは消さないようにしてください。

最後に、[ 保存して閉じる ] をクリックしたら、復元完了です。

WordPressで作成したサイトをみたら、おそらく、

リストアした日付時点の記事内容に戻っているはずです。

~おまけ~

私の場合は、リストアしたデータベースを使い続けるのが嫌だったので、

以下の方法で、投稿記事データを取り出し、

サーバー管理画面で、元の接続先データベースに戻してから、

再び、WordPressの管理画面で、投稿記事データをインポートして、

完全に元の状態に戻しました。

WordPress管理画面
↓
ツールエクスポート
↓
[投稿]にチェックを入れて、ダウンロード
↓
サーバ管理画面から、接続先データベースをもとに戻す(記事消えたVerに戻す)
↓
wp-config.phpの接続先データベースをもとに戻す(記事消えたVerに戻す)
↓
WordPress管理画面
↓
ツール
↓
インポート

これで、完全に元通りです。

WordPressで、始めてエクスポート機能を使う場合は、

プラグインが必要ですが、画面に沿って行っていけば、難しくありません。

もし、記事が誤って消えてしまった場合は、

こちらの手順での復元をお試しください

コメント